DENKEN

<入社のきっかけと担当業務>

日本のものづくりを担うメーカーとともに。

大学で専攻した電気機械工学の知見を生かして地元姫路で働きたいと考え、就職活動を行いました。製造業を中心に探す中で、地場企業でありながら大手メーカーと取引がある当社なら、仕事のやり方や技術を高いレベルで身に付けられるのではないかと思い入社を決めました。入社以来一貫して、大手電機メーカーの産業用電気品を扱う営業部門に所属し、他部門とも連携しながら、電動機や変電設備等の販売からアフターサービスまでを担当しています。さすが日本を代表する大手電機メーカーだけあって、機器導入前のデザインレビューや要素の洗い出しなど、きっちりと体系化された仕事の進め方やものづくりへの姿勢で勉強になることが多いですね。

<営業職として大切にしていること>

自分らしさを、武器にする。

まずは、先輩の良いところを真似ることだと思います。その上で、自分のキャラクターや持ち味を生かしてお客さまと向き合っていくことで、少しずつ信頼を積み上げていくことができるのではないでしょうか。ときには難しい問題やトラブルも出てきますが、なんとか解決して、無事に生産ラインが稼働しはじめたときの安堵感と達成感は、言葉にはできないですね。長年の信頼関係で、今ではお客さんから逆に助けていただくこともありますよ。

<今後について>

育ててもらう側から、育てる側へ。

仕事は、決してひとりでは出来ません。入社当初は右も左も分からない状態でしたが、チームで一丸となって動きながら要所で先輩からアドバイスをいただき、段階を踏んで仕事のやり方を覚えていくことができました。ひとりのプレーヤーとしてスキルを高めていきたいという気持ちは入社以来変わりませんが、先輩に育てていただいて今があるので、これからは後輩の育成も自分の中で大きなテーマですね。この会社の新たな一員となる皆さんとの出会いも楽しみにしています。

トップへ戻る